交通事故と示談


多くの方にとって交通事故の示談交渉は初めての経験になるはずです。当事者同士が合意に達すると、どんな内容であっても有効になるのが厄介な点となります。知識のない状態で示談に応じてしまうと、後から取り返しのつかない事態になる可能性を秘めているのが事実です。まず絶対にしてはいけないのは、即席の示談交渉となります。加害者側からその場で示談を持ちかけられた場合にしても、応じてはいけません。一度示談が成立してしまうと、その内容を変えることはできなくなります。警察を呼んで現場状況把握に務めた上で、適切な対応をしないといけません。

そして大きなポイントになるのは症状固定時期の示談や保険会社からの示談金の初回提示についてです。この2つについてはしっかり被害者の方が知識を有しないといけないのは間違いありません。何も知らずに対応してしまうと、後に後悔することになります。最も確実な方法となるのはやはり弁護士に依頼しての対応です。弁護士は示談交渉における注意点をしっかり把握しているからこそ、対応を間違えることはまずありません。弁護士に依頼するつもりがある方でも、やはり注意点は知っておかないといけないといえるでしょう。

当サイトは交通被害における示談交渉の注意点についての解説をしています。大きなポイントになる症状固定時期の示談や保険会社からの示談金の初回提示については知っておかないといけないといけないもので、対応ミスの理由に直結するでしょう。