保険会社の狙い


症状固定とは治療の終わりを意味しています。症状固定が保険会社からの治療費の支給が終了となるものの、保険会社は症状固定の時期に至っていないのに示談交渉を行おうとするものです。これは保険会社の都合が関係しています。保険会社からすれば、少しでも支払いを少なくしたいと考えるからこそ、症状が安定した場合に症状固定と決めつけて治療費を打ち切る場合も少なくありません。

保険会社の一方的な主張について適切な対処を行えば万が一打ち切られた場合にしても、遡って請求することも可能です。この場合は弁護士に依頼しての対応がより望ましいといえます。そして、症状固定をした後に示談交渉を行うようにする点もしっかり意識しないといけません。その上で、示談交渉でしっかり増額を狙うのなら弁護士基準であるかどうかが大切になります。

保険会社は決して親切にどういった対応をすれば適切な示談金を手にできるかを教えてはくれません。親切に対応してくれると思っても、実は肝心なところは教えてくれてはいない意識を持つのが大切です。だからこそ、専門家である弁護士に依頼しての対応が望ましいといえるでしょう。弁護士の存在は示談交渉を行うにあたって非常に大きなものとなります。